繁華街で契約機を使って手続きを進めるプロミス

自動契約機を使ったカードローンの契約は、何も古い話ではありません。今でもネット申し込み後の契約機利用で素早い借り入れを実現している方も多く、特に東京などの人口が多い繁華街では契約機の利用者も決して少なくはありません。

 

寧ろ、繁華街では人の流れが多く早いので、契約機に出入りしている人をいちいち見ていないものです。それに繁華街の契約機の多くは雑居ビルの中にあるため、ビルに入るところを誰かに見られているとしても契約機に入るところまでは見られません。

 

契約機に入るのが恥ずかしい、抵抗があるからとWebの契約を進めてしまうと、時間や曜日によっては素早く借りられない場合があります。基本的にWeb契約による借り入れは銀行振り込みとなるので、平日の昼間までの手続きでないとその日のうちには借りられません。

 

例えば大手カードローンサービスのプロミスで見てみると、来店不要の銀行振り込みによる即日融資の場合には、平日14時でのWeb契約の手続き完了が条件となっています。時間外となる翌営業日の扱いで、その日のうちには現金を手にできません。

 

その点で契約機での手続きは優れています。ネットで申し込みを進めた後に自動契約機を利用すると、14時を過ぎていても土日でも、営業時間内であればその日のうちのカードの発行と借り入れも可能です。契約機の利用は抵抗があるかもしれませんが、プロミスの場合はプロミス池袋を見ての通り多くの契約機があるため、場所を選んで手続きが進められるので安心です。