限度額を増額して今よりも大きな金額で借りる

カードローンの限度額は初回では大きくならず、いくらか控えめに設定されることが多いです。やはりいくら審査を行うとは言ってもどの程度の返済能力を持っているか分からない方にいきなり大きな金額を貸し付けるのはリスクが大きく、初回では控えめに限度額を設定して利用実績に合わせて増額をするといった形が多いです。

 

特に消費者金融ではその傾向が強く、大手の消費者金融でも初回の限度額は10万円や20万円程度となるところがほとんどです。半年程度の利用実績を見て限度額を30万円や50万円、収入状況などによっては100万円などの大きな金額での融資を行う場合もあります。

 

ただ、大きな金額を借りられるだけの信用があるなら、金利が高い消費者金融よりも銀行カードローンの方が良いでしょう。銀行でも消費者金融ほどとは言いませんが初回では限度額は抑えられがちなため、限度額の増額による大きな金額での借り入れを見通すのであれば銀行での借り入れが良いのです。

 

金利に大きな開きがある銀行と消費者金融では、最終的な支払い総額にも大きな差が出ます。いかにして利息の支払いを減らすかがカードローン利用における大きなポイントと言えるので、利息が減らせる低金利での銀行カードローンは有効な借り入れとなるのは言うまでもありません。

 

その分だけ審査は厳しくなりますが、安定した収入がある最低限の条件を満たす方であれば新規での借り入れも、利用実績を基にしたカードローン限度額の増額も可能となるので、まずは利用先での条件を確認してみると良いでしょう。